老化防止するビタミンE

老化防止するビタミンE

ビタミンE

ビタミンEは、坑酸化作用を持っているため、老化を防ぐ効果があるのではといわれています。

 

坑酸化作用とは、活性酸素によって過酸化脂質という物質が生成されて、この過酸化脂質が細胞を破壊する働きを抑制する作用のことです。

 

ビタミンEには、細胞を破壊して老化を早めてしまう過酸化脂質が生成されないようにしてくれたり、血管を健康な状態に維持してくれたり、乱れたルモンのバランスや自律神経を正常にしてくれたり、血液の中に存在する悪玉コレステロールが作られないようにしてくれたり、血液の循環を促進させてくれたりと、老化を防ぐために必要な作用があります。

 

過酸化脂質というのは、シワやたるみにシミの原因になるため、老化を防ぐために、ビタミンEは積極的に摂取しましょう。

 

ほかにも、ターンオーバーの際にもビタミンEは不可欠なので、そのような意味でも積極的に摂取してほしい成分です。そんなビタミンEは、魚卵やレバー、緑黄色野菜、玄米、小麦の胚芽、ゴマなどにたくさん含まれています。これらは自律神経を整える食べ物としても有効です。

 

また、ビタミンEは、坑酸化物質であるビタミンCと一緒に摂取すると相乗効果が期待できたり、脂溶性のビタミンの一種のため、油が含まれている食べ物もセットで摂取すると吸収率が上がったりします。

 

しかし、水溶性の成分とは違うので、過剰摂取をしてしまうと体の中に溜まってしまいます。そのため、サプリメントでビタミンEを補給している方は、その点は気を付けましょう。

 

そんなビタミンEは、スキンケア用品にも使われていて、脂質が酸化しないようにしてくれるため、肌を保護してくれて、肌が老化するのを防ぐ効果もあります。