老化を早める原因

老化を早める原因

老化を防ぎたいと考えているのでしたら、どのような原因で老化が進んでしまうのかを知っておきましょう。

 

不飽和脂肪酸という脂肪を酸化させてしまって過酸化脂質を生成し、細胞を破壊したり、老化色素を生成したりする作用がある活性酸素の影響で老化は進行してしまいます。

 

ほかにも、紫外線によってヒドロキシラジカルが生成されて、このヒドロキシラジカルがコラーゲンを壊してしまうことで、肌のハリがなくなったり、弾力性が低下したりすることで、肌が老化してしまいます。

 

老化を進ませてしまう原因はほかにも、ストレスや食品添加物、ウイルスや細菌、排気ガス、タバコ、アルコール、紫外線などもあります。

 

そのうちの過酸化脂質については、野菜類や果物類を積極的に食べたり、ストレスに対抗するためにビタミンCをたくさん摂取したりするようにしましょう。

 

ほかにも、ウイルスや細菌を体の中に侵入させないようにしたり、カビが生えた食べ物は食べないようにしたり、残留農薬が含まれていそうな食べ物や食品添加物を使っている食べ物は極力食べないようにしたりしましょう。

 

排気ガスについては、空気が澄んでいる場所で生活したり、空気が濁っている場所で生活をしている方は空気清浄機を利用したりしましょう。

 

アルコールについては、毎日飲むのではなく、1週間に3〜4日ほどに抑えたり、少し摂取し過ぎている方は、完全にアルコールを摂取しないようにしたりすることも大切です。

 

タバコについては、身体にとって良いことは1つもないため、老化を防ぎたいのでしたら、タバコは吸わないほうが良いでしょう。

 

紫外線については、日焼け止めを塗ったり、日傘を使ったり、帽子を被ったりしましょう。曇っていても、室内にいても紫外線は届いているのでその点も覚えておきましょう。